日本医師会ORCA管理機構

Orcamo Web Learning

Menu

オベリスク F/U NO.22

会員制倶楽部オベリスク フォローアップ
≪医療関連ニュース≫
主に医療機関や介護福祉関係にお勤めの方向けに、役立つ医療関連ニュースをピックアップして配信しています。

2019年8月7日のヘッドライン

  • インバウンド感染症の対応をまとめたサイトを公開 <日本感染症学会>
    7月23日、日本感染症学会では、訪日外国人受診患者の臨床症状から想起すべき感染症とその対応をまとめた「症状からアプローチするインバウンド感染症への対応~東京2020大会にむけて~感染症クイックリファレンス」を学会ホームページに公開しました。
    東京オリンピック・パラリンピック開催を1年後に控え、海外からの感染症持ち込みの対策として公開したもので、発熱、呼吸器症状、下痢、発疹、急性神経症状などの主要症状から考えられる疾患に直接リンクしています。
    ◎参考サイト:症状からアプローチするインバウンド感染症への対応~東京2020大会にむけて~感染症クイックリファレンス

  • タスクシフティング――四病協が5分野について言及
    四病院団体協議会は7月26日、厚労省が開いた医師のタスクシフティングに関するヒアリングにおいて、病院医師の業務移管について以下の5分野に言及しました。
    ・医師等との協働による薬剤師業務の拡大
    ・医師の包括的指示による看護師業務の拡大
    ・臨床工学技師の業務範囲の見直しと拡大
    ・医療現場における救命救急士の業務確立
    ・麻酔業務におけるタスクシフティング
    看護師については、既存の特定行為研修制度とは別に、侵襲性の低い医行為を実施できるモデルをつくり、看護師が柔軟に対応できる環境整備を主張しています。臨床工学技師については、心・血管カテーテル業務における清潔野で使用する姓名維持管理装置及びカテーテル関連機器の操作・接続などを挙げています。