オベリスク F/U

会員制倶楽部オベリスク フォローアップ
≪医療関連ニュース≫
主に医療機関や介護福祉関係にお勤めの方向けに、役立つ医療関連ニュースをピックアップして配信しています。

2021年1月8日のヘッドライン

  • 備えよ、次に。Withコロナ、1都3県 1ヶ月の緊急事態へ
    早くも実効疑う声続出。遅い、短い、小出し。
    東京新規感染確認約2,500人。
    世田谷区1日で125人、累計で5,000人超す。
    ◎参考サイト:NHKオンラインニュース

  • COVID-19ワクチンに関する提言を公表 <日本感染症学会>
    日本感染症学会は昨年12月28日、「COVID-19ワクチンに関する提言(第1版)」を公表した。提言には、現在の開発状況、ワクチンの作用機序と有効性、安全性、国内での接種の方向性が盛り込まれている。この中では、ファイザー・モデルナのmRNAワクチンの第3相臨床試験の中間報告に言及。FDA(米食品医薬品局)が示したCOVID-19ワクチンの承認条件(有効率50%以上、最低でも30%以上)を上回る、90%以上の有効率を示した半面、重症化予防効果や基礎疾患を有する患者への効果の評価は今後の課題であるとの認識を示した。
    また、優先接種対象となる高齢者の年齢については、「65歳以上が国民にとってわかりやすい」としつつ、今後の解析で60歳代前半の致命率が、60歳代後半と同等であることが判明した場合は、基準を60歳以上とすることもあり得るとした。医療関係者への接種については、有害事象発生のリスクを考え、医療機関ごとに接種人数を限定し、段階的に実施するなどの配慮が必要との考えを示している。
    提言は、状況変化に伴い、今後も随時、更新されていく予定。
    ◎参考サイト:COVID-19ワクチンに関する提言(第1版)

  • 糖尿病患者向けの声明を発表 <日本糖尿病学会・日本糖尿病協会>
    日本糖尿病学会と日本糖尿病協会は1月4日、「糖尿病患者の皆様へ:新型コロナウイルス感染症の流行拡大に際して」と題する声明を発表した。
    声明は、糖尿病は特に血糖コントロールが良くない場合、一般的に感染症が重症化しやすい疾患であると警告。発熱や息苦しさなどの症状が出た場合には、保健所やPCR実施機関ではなく、まずかかりつけの医療機関に連絡し相談するよう求めている。また、コロナ禍においても、人混みを避けての運動や家の中で体を動かすこと、一定の間隔でかかりつけの医療機関を受診して自分の血糖コントロールや体の状態を確認することを勧めている。
    ◎参考サイト:糖尿病患者の皆様へ:新型コロナウイルス感染症の流行拡大に際して