日本医師会ORCA管理機構

Orcamo Web Learning

Menu

ICT初級講座 F/U NO.2

メディカルICTリーダー養成講座【初級】フォローアップ
≪サイバー用語紹介≫
ICT関連文書等を読み解くために必要な各種用語を解説します。

2019年8月の用語紹介

  • ICT
    Information and Communications Technologyの略。情報通信技術のこと。
    ◎インデックス:I

  • IoT
    Internet of Thingsの略。あらゆる物がインターネットを通じて繋がることによって実現する新たなサービス、ビジネスモデル、又はそれを可能とする要素技術の総称。
    ◎インデックス:I

  • IoT機器
    インターネットに接続が可能な機器及び端末等のこと。例えば、パソコン、スマートフォンのほか、Webカメラ(防犯カメラ等)、各種センサーなど、多様な機器がある。
    ◎インデックス:I

  • NISC
    National center of Incident readiness and Strategy for Cybersecurityの略。内閣サイバーセキュリティセンター。サイバーセキュリティ戦略本部の事務の処理を行い、我が国におけるサイバーセキュリティの司令塔機能を担う組織として、2015年1月9日、内閣官房情報セキュリティセンター(National Information Security Center)を改組し、内閣官房に設置された。センター長には、内閣官房副長官補(事態対処・危機管理担当)を充てている。
    ◎インデックス:N

  • クラウドサービス
    インターネット等のブロードバンド回線を経由して、データセンタに蓄積されたコンピュータ資源を役務(サービス)として、第三者(利用者)に対して遠隔地から提供するもの。なお、利用者は役務として提供されるコンピュータ資源がいずれの場所に存在しているか認知できない場合がある。
    ◎インデックス:く

  • マルウェア
    malicious software の短縮された語。不正かつ有害な動作を行う、悪意を持ったソフトウェアのこと。
    ◎インデックス:ま

  • ランサムウェア
    データを暗号化して身代金を要求するマルウェア。ランサムは身代金の意味。例えば、2017年に世界的に流行した「WannaCry」があたる。
    ◎インデックス:ら

  • 出典:内閣サイバーセキュリティセンター
    サイバーセキュリティ2019(2018年度報告・2019年度計画)