中医協ウォッチ NO.1

≪診療報酬関連ニュース≫
中央社会保険医療協議会(中医協)をはじめとし、関連部会や分科会、経済財政諮問会議、財政制度等審議会などにおける診療報酬関連の審議内容を配信しています。

2019年10月9日の審議

  • 外来・在宅緩和ケアを「緩和ケア病棟入院料」の要件に 中医協で厚労省が提案
    厚生労働省は10月9日に開かれた中央社会保険医療協議会・総会に、外来や在宅での緩和ケアの実施を新たに「緩和ケア病棟入院料」の要件とすることや、緩和ケアに関連した報酬の対象に末期心不全患者を追加することなどを提案した。

  • 新薬創出等加算、先駆け審査指定品目の追加に各側が理解 薬価専門部会
    中央社会保険医療協議会・薬価専門部会は10月9日、「新薬創出・適応外薬解消等促進加算」などを議論。先駆け審査指定品目を対象に追加することに大方の委員が理解を示したが、業界が求める企業指標の廃止では慎重意見が相次いだ。

  • チャレンジ申請対象品目、B1、B2区分にも拡大へ 保険医療材料部会
    中央社会保険医療協議会・保険医療材料専門部会は10月9日、チャレンジ申請の対象について、現行のC1、C2だけでなく、B1、B2としての希望があった製品にまで拡大する案を大筋で了承した。

▼各審議の詳細は、「倶楽部オベリスク」で配信中です。

report見本
  1. ログイン>>
  2. お申込み>>
  3. 倶楽部オベリスクについて>>