オベリスク F/U

会員制倶楽部オベリスク フォローアップ
≪医療関連ニュース≫
主に医療機関や介護福祉関係にお勤めの方向けに、役立つ医療関連ニュースをピックアップして配信しています。

2020年2月12日のヘッドライン

  • 医師の副業・兼業について日医のスタンスを示す <日医・松本常任理事>
    日本医師会常任理事の松本吉郎氏は1月29日の記者会見で、昨年12月に実施された「医師の副業・兼業と地域医療に関する日本医師会緊急調査」の概要を説明。医療機関と都道府県医師会のいずれも6割以上が、副業・兼業の労働時間への通算に反対していることを明らかにした。
    松本氏は「制度を変えた場合、予測が困難で何が起こるかわからない」「研鑽のために副業・兼業することは、医療の質の向上にもつながる」などとしたうえで、医師の副業・兼業に関しては、労働基準法41条(労働時間等に関する規定の適用除外)や同法41条の2(高度プロフェッショナル制度)の存在も考慮しながら議論する必要性を指摘した。
    ◎参考サイト:日医on-line

  • 「超高齢化社会におけるかかりつけ医のための適正処方の手引き」について説明 <日医・江澤常任理事>
    日本医師会の「超高齢化社会におけるかかりつけ医のための適正処方の手引き」に「脂質異常症」の項が新たに作成されたことについて、常任理事の江澤和彦氏は1月29日の記者会見で、その内容を説明した。
    江澤氏は高齢者の脂質異常症の特徴として「成人に比べ動脈硬化性疾患のリスクが高い」、「脳血管疾患、冠動脈疾患の予後が不良で、要介護状態となるリスクも高い」としたうえで、その治療法は若年者と同様、食事・運動療法を基本として、患者の身体状態を十分に把握したうえでの実施が求められると述べた。
    ◎参考サイト:日医on-line

  • 中国武漢発新型肺炎、クルーズ船対策混迷。下船?全員検査?
    WHO「COVID-19」と命名。
    中国本土の感染者4万2千人超、死者1100人超。中国外の感染者発生国27ヶ国。