オベリスク F/U

会員制倶楽部オベリスク フォローアップ
≪医療関連ニュース≫
主に医療機関や介護福祉関係にお勤めの方向けに、役立つ医療関連ニュースをピックアップして配信しています。

2020年5月11日のヘッドライン

  • 新型肺炎COVID-19 コロナ感染検査にPCRと抗原検査を併用
    判定時間15分と短縮・13日から保険診療も。
    PCRは遺伝子配列を、抗原検査はたんぱく質を調べる。
    世界の感染者400万人突破、死者28万人超。中国外の感染者発生国194ヶ国。

  • 「メトグルコ」などで自主回収 <大日本住友製薬・日本ジェネリック>
    大日本住友製薬は4月27日、2型糖尿病治療薬のメトグルコ(一般名:メトホルミン塩酸塩)の250mg錠と500mg錠の一部製品を自主回収すると発表した。また日本ジェネリックも同日、メトホルミン塩酸塩錠500mgMT「JG」の自主回収を開始した。いずれも、重篤な健康被害または死亡の原因となり得る「クラスI」の回収。 厚労省は昨年12月9日、メトホルミン製剤を製造販売している15社に対し、原薬とその製剤について、発がん性物質であるNDMA含有の有無を分析するよう指⽰していた。今回の両社の措置はこれを受けたもの。
    ◎参考サイト:プレスリリース(大日本住友製薬)※PDF
    ◎参考サイト:プレスリリース(日本ジェネリック)※PDF

  • 入院患者1人につき最大400万円交付へ 医療従事者を支援 <愛知県>
    愛知県は4月22日、新型コロナウイルス感染症患者を受け入れた医療機関に対して、交付金を支給すると発表した。医療従事者の処遇改善を促進するため創設した「新型コロナウイルス感染症対策:愛知県医療従事者応援金」から拠出する。職員やその家族の手当てなどに役立てたい考え。入院患者1人につき、「軽傷・中等度」の場合は100万円、人工呼吸器を装着またはICUで対応するなどした「重症」は200万円、ECMOを装着した「重篤」は400万円が交付される。県内の入院患者1例目まで遡って交付対象なる。
    ◎参考サイト:医療従事者の応援のための寄附について(愛知県)