オベリスク F/U NO.68

会員制倶楽部オベリスク フォローアップ
≪医療関連ニュース≫
主に医療機関や介護福祉関係にお勤めの方向けに、役立つ医療関連ニュースをピックアップして配信しています。

2019年10月15日のヘッドライン

  • 「一類感染症」の病原体を搬入 <国立感染研>
    国立感染症研究所は9月27日、「一類感染症」の病原体を海外から輸入、同研究所村山庁舎(東京都武蔵村山市)に搬入したことを明らかにした。一類感染症には、エボラ出血熱、クリミア・コンゴ出血熱、痘そう、南米出血熱およびラッサ熱のウイルス性出血熱、ペスト、マールブルグ病が指定されている。2020年東京五輪・パラリンピックを控え、迅速な診断・治療に役立てられる。搬入されたのは25・26両日の夜。テロなどを警戒し、事前の公表はなかった。

  • 国家公務員 残業時間 ワーストは財務省、厚労省は14位
    就職・転職サイトを運営するオープンワーク株式会社は9月24日、「国家公務員の残業ランキング」を発表した。同社に寄せられた5600件余の会員からのレポートを基に作成されたもの。24官庁中、もっとも月間残業が多かったのは、財務省の72.59時間。以下、文科省(72.43時間)、経産省(61.48時間)と続く。もっとも少なかったのは裁判所の9.15時間。厚労省は45.76時間で15位だった。
    ◎参考サイト:国家公務員の残業ランキング(オープンワーク株式会社)