オベリスク F/U

会員制倶楽部オベリスク フォローアップ
≪医療関連ニュース≫
主に医療機関や介護福祉関係にお勤めの方向けに、役立つ医療関連ニュースをピックアップして配信しています。

2020年5月14日のヘッドライン

  • 新型肺炎COVID-19 富士レビオ抗原検査薬、当面一般開業医まで供給されず
    開業医への波及は、医療従事者への感染予防のために唾液による検査の開発が鍵。
    世界の感染者430万5千人超、死者29万4千人超。中国外の感染者発生国195ヶ国。

  • 新型コロナウイルス感染症外来診療ガイドを公開 <日本医師会>
    日本医師会は5月1日、「新型コロナウイルス感染症外来診療ガイド」を公表した。同ガイドは、「新型コロナウイルス感染症の概要」「流⾏期に求められる診療所の感染対策」「外来診療の実際」「無症候感染者を視野に⼊れた外来や医療従事者の感染対策」「外来医の先⽣⽅にお願いしたいこと」で構成され、今後も随時新たな情報を追加していくという。公開に先立ち日医の羽鳥常任理事は4月28日の記者会見で、「新型コロナウイルス感染症は、感染症を専⾨とする医療機関だけでなく、⼀般の外来でも診察する可能性がある。そこで対応する医師を対象として、最近の知⾒をできるだけ分かりやすく正確に共有してもらいたい」と、作成の理由を説明した。
    ◎参考サイト:新型コロナウイルス感染症外来診療ガイド(※PDF)

  • 新型コロナによる、病院の経営破綻防止などを要望 <日本医師会・四病協>
    四病院団体協議会(日本病院会、全日本病院協会、日本医療法⼈協会、日本精神科病院協会)は4月27日付で、加藤厚労相宛の「新型コロナウイルス感染症における診療体制に関する要望書」を公表、5月1日に日本医師会と連名で手渡した。要望書では、4月以降、外来・⼊院ともに「⼤幅に患者数が減少している」としたうえで、この状況が続くようであれば、6⽉以降の病院経営に「重⼤で深刻な影響が出る」と指摘。病院が経営破綻を起こさないよう、災害時と同様、前年度の診療報酬支払額に基づく概算請求を認めるよう求めた。そのほか、医療従事者へのアビガンの予防投薬、感染防護具の生産増強、医療従事者が新型コロナウイルスに感染した場合の補償などを求めている。
    ◎参考サイト:新型コロナウイルス感染症における診療体制に関する要望書(日本精神病院協会のサイトより)(※PDF)