オベリスク F/U

会員制倶楽部オベリスク フォローアップ
≪医療関連ニュース≫
主に医療機関や介護福祉関係にお勤めの方向けに、役立つ医療関連ニュースをピックアップして配信しています。

2020年9月16日のヘッドライン

  • 備えよ次に。新型コロナ重症化防止に朗報か
    肺炎炎症反応の仕組み解明。大阪大の岸本教授チーム。
    「PAI-1」の肺内血液凝固促進作用に注目。
    「PAI-1」の血中濃度の抑制が効果的との結論。
    血中濃度管理には、現在各国で治験中の「アクテムラ」が有効と。

  • 新型コロナ薬物療法のガイドラインを公開 <日本救急医学会・日本集中治療医学会>
    「日本版敗血症診療ガイドライン(J-SSCG)2020特別委員会」は9月9日、新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の薬物療法に特化したガイドラインを公表した。ガイドラインはJ-SSCG・2020を補完する「特別編」という位置づけで、厚労省が挙げているCOVID-19治療の推奨薬5剤について、クリニカルクエッションと推奨⽂などを示した。たとえばファビピラビル(商品名アビガン)については、軽症患者への投与は「弱く推奨」、中等症および重症患者への投与は「現時点では推奨を提示しない」とされている。特別委員会は、日本救急医学会と日本集中治療医学会合同で運営しているもので、今回のガイドラインも、両学会のサイトで公表されている。
    ◎参考サイト:日本救急医学会
    ◎参考サイト:日本集中治療医学会

  • 新型コロナ新規感染者数、重症者数は減少傾向との見方示す <新型コロナ・アドバイザリーボード>
    9月10日、厚労省「新型コロナウイルス感染症対策アドバイザリーボード」の会合が開かれ、全国の新規感染者数について「お盆を挟んでも減少傾向は維持されている」との見解が示された。重症者数も8月下旬以降、減少傾向にあるとした。今後、軽症・無症状者への入院措置のあり方などを議論し、10月上旬にも見直しを実施する方針も示された。
    ◎参考サイト:新型コロナウイルス感染症対策アドバイザリーボードの資料等(厚労省)