診療報酬深堀りニュース

厚労省、薬価と市場実勢価格の平均乖離率は約7.6%(速報値)と発表

(執筆者)株式会社MMオフィス 工藤高

厚生労働省は、12月3日の中医協総会にて、今年9月取引分を対象に行った薬価本調査の速報値を発表した。それによると、薬価と市場実勢価格差の平均乖離率は約7.6%(速報値)。この調査結果は22年度薬価改定の基礎資料となる。調査結果の詳細は下記参照。
○薬価調査、特定保険医療材料価格調査の結果速報について(厚労省)
令和3年医薬品価格調査(薬価調査)の速報値
令和3年度特定保険医療材料価格調査

(公開日 : 2021年12月06日)
ご好評につき、2022年度も開催決定!
工藤高の 2022年度 診療報酬改定セミナー
今改定では、診療報酬研究の第一人者で、改定セミナーのエキスパートでもある工藤高先生を講師に迎え、Live配信によるオンラインセミナー(ウェビナー)を実施予定です! 出席式のセミナーとは違い、どこからでも参加可能です。